互いのことを思いやっての現状

家族でなんでも話せることが出来るって、なかなかやれません。例えば仕事で主人が元気なくって気になっていたとしても、あまり聞かない方がいいのかなって感じてしまって、そのままにしてしまいます。もっとさりげなく聞き出して、何か元気の出る言葉の一つでもかけてあげられるといいのですが。

そんな時が自分にとってイライラもするし、情けなくも思います。それがたぶん、たぶん相手もそうなのです。だから互いに何も言えなくて余計にイラつくのです。もっとフランクに気楽に、深い事柄も話せるようになれるといいなっていつも思います。

しかし、なんの苦慮もなく話ができる家族がいますよね。それはやっぱり性格なんでしょうか?ドライというか、さっぱりしてるんですよね。どう話そうかと考えただけで、ドキドキしてしまって大変な毎日です。

こちらも体調が悪かったりして声をかけてもらいたいのに、そうしてもらえなかったりすると不満に思ったりします。黒糖抹茶青汁寒天ジュレ